✓ アルコール依存症とはどんな病気か?  
 お酒の飲み方のコントロールが効かなくなり、 いろいろな問題が起こってくる病気です。
脳のごく一部分の障害であると考えられています。

「意志が弱い」とか「だらしがない」ということではなく、
れっきとした病気であることを知ってください。
この病気は生涯にわたって治ることはありません。
つまり、長期間断酒したとしても、少ない量を上手に飲めるようにはなりません。
しかし、飲酒をやめ続ければ、健康な生活を取り戻すことができます。

    栃木県立岡本台病院 アルコールセンター発行・
     『アルコール依存症の理解より 平成14年6月1日 第三刷』第一章より抜粋

     この資料の続きはこちらのリンクを御確認ください。
      ⇒ アルコール依存症の理解より_栃木県立岡本台病院.pdf

 ✓ 誰も認めたがらない病気  
 アルコール依存症は、病気になった本人も、その家族も「アルコール依存症」に
なった事を認めたがらない病気です。そのため、「否認の病気」と言われています。
<本人>お酒が飲めなくなるので「アルコール依存症」だと認めません。
<家族>世間体が悪いので「アルコール依存症」だと認めません。

少し考えてみてください。
おそらく本人は、身体の不調の原因が酒であることを分かっていて、
お酒を飲み続けていますよね? そのまま飲み続ければ、最後は命を落としますよ。
「酒飲んで死ぬなら本望だ!」なんて言っていませんか? 本当に???

確かに、世間的に誤解され易い病気です。世間体が悪いと思うかもしれません。
でも、お酒が原因で様々なトラブルが起きることになります。
家族を失う、友人を失う、仕事を失う、、、世間体はもっと悪くなります。
飲酒運転での交通事故、、、もう世間体の問題では無くなります。

そんな事は言われなくても、、、と思うかもしれませんが、
アルコール依存症者が酒を飲んでいるときは、最優先事項が「酒」です。
善悪の判断は出来ていません。良心のかけらも酒に流されています。
家族からすれば、「死んでしまえ!」と言いたくもなるでしょう。

今、身の回りにおきている様々なトラブルは、お酒で解決できますか?
様々なストレスの解消のために、お酒から逃げられなくなる話はよくあります。
ただ、今そのお酒はストレス解消になっていますか? 逆になっていませんか?

アルコール依存症は「断酒」しか回復の方法がないと言われています。
精神的にも身体的にも追い詰められて酒に飲まれる自分とは、もう決別しましょう。
お酒がなくても楽しい生活、自分で見つけないと、誰も教えてくれませんよ。
まずは断酒会で「断酒」のコツをつかみましょう。

おまけ、、、「酒は百薬の長」、この文章の続きを御存知ですか?
「酒は百薬の長とはいえど、万の病は酒よりこそ起れ」だそうです。
(吉田兼好「徒然草」175段より)もとは中国・漢書を引用した文章の様ですが、
今から数百年前には、既に酒の悪影響を認識していたんですね。
アルコール依存症について ...