断 酒 誓 約

過去の私が 酒のために家族を泣かせ
親戚に迷惑をかけ 友人を欺き
人々を度々苦しめて 社会に害毒を流したことは
酒に罪なく 罪は飲んだ私にあることを認めます.

今後は二度と再び このような大きな罪を犯さぬために
酒を断つことを誓約致します.
酒は頭だけでは断ち切ることは出来ません.
体で知ってこそ 初めて一生涯
断酒の継続を持ち続けることが出来るのです.
そのために次の事項を実践致します.

一、 永い間のきままな生活で、自分の心の鏡がすっかり曇っているが為に、
  よごれた自分の姿を見極める事が出来ず、その為に、
  真の反省と懺悔の生活を成し得る事が出来ませんでした。
  今日、只今より心の鏡を磨くことに懸命に努力致します。

一、 心の鏡を磨くために先ず、一番身近な家族及び周囲の皆さんが喜んで下さる善意を、
  積極的に実行することから始めます。

一、 怒ったりどん欲をおこしたり、愚痴をこぼすことが、
  人間同志の不和をつくる悪因である事を常に自分に言い聞かせます。

一、 一日一回は、必ず過去の非を反省致します。

一、 断酒ホトトギス会に入会したからには、常に 『反省・感謝・報恩』 の精神を全う致します。

一、 自分が救われるということは、他の人を救うことの中にあるという断酒道を実践致します。    


トップページへ