✓ 断酒会とは?
 お酒を生涯に渡って止め続けること、これが断酒です。
その断酒継続を目的とする者が集まる自助グループが「断酒会」です。
断酒会の会員の多くは、お酒を止めたい本人(ほとんどはアルコール依存症者)とその家族です。

 アルコール依存症という病気は、完治する(病気になる前の状態に戻る)ことはないと言われており、
回復のため(健康的な生活に戻り、それを維持するため)には、一日一日の断酒を積み重ねて、
生涯に渡って断酒を継続する必要があり、それを達成するための集まりの一つが断酒会です。

・不適切な飲酒を続けていれば命を落とし兼ねず、断酒によってこれを自ら防ぐこと(自助)、
・身内の飲酒によりおこる様々な問題を原因とする、身近な人の生活の破綻を防ぐこと(自助)、
・断酒にまつわる経験を共有する事で、会員通しが支え合える集まりになること(互助)、
・自らの住む地域社会に目を向け、同じ様に困っている人の力になれること(共助)、
・公的機関との協力体制を持ち続けること(公助との連携)、
この「自・互・共・公」4つの「助」のつながりが、断酒会の強みです。

✓ 例会(断酒例会)とは?
  毎週、支部ごとで決められた曜日に会員が集まり、自らの酒にまつわる体験を話す事で、
自らのお酒が原因でおきた様々な失敗を反省し、新しい生活を考えるための場が「例会」です。

 一時的にお酒を止めることは、一人でも出来るかもしれません。
しかし、お酒を止め続けて行くことが、一人ではどれほど困難であるかを、
断酒会の会員の多くは挫折や葛藤、本人にしか分からない辛い思いを経験して知っています。

 例会の場で、自らの体験談を話し、他の人の体験談に共感し、通して内省から反省へつなぐ、
このことを時間が掛かっても一つ一つ実行していく集まりが「例会(断酒例会)」です。

✓ 例会の開催時間は、夜7時から9時
 全国的にほとんど同じ時間です。今までお酒を飲み続けてきた人がお酒を止めようとしても、
今まで飲酒していたこの時間には飲みたくなって挫折することはがあります。それを避けるために、
例会に参加して自分の過去の不適切な飲酒を振り返る事が、断酒の糧になります。

 他人の話に耳を貸さず自分中心に飲酒してきた人が、例会で他人の話に耳を傾け、
自分の過去について話す、1週間のうちでほんの2時間の例会出席が断酒の始まりです。

✓ 例会には家族も参加しよう
 不適切な飲酒を続けてきた本人とその家族が同じ会に同席する、これは断酒会の例会の特徴です。
お互いが知り得なかったお互いの気持ちを知ることが、本人のこれからの断酒につながります。
同じ様に、他の参加者の話から、過去の自分を省みる事もあります。

 「一人では例会に出席し辛い?」(本人または、家族だけの様な場合)
そんな心配は必要有りません。一人で例会に通って断酒している仲間もたくさんいます。
家族だけの例会出席から始まり、本人の断酒につながったケースもあります。
断酒に取り組もうとする仲間とお互い励まし合い、支え合う事が断酒会の基本的な考え方の一つです。
断酒会と例会 ...