※「」は、「わたくし」と読むことが断酒ホトトギス会の約束です※
断酒誓約
過去の私が酒のために家族を泣かせ、親戚に迷惑をかけ、友人を欺き、人々を度々苦しめて
社会に害毒を流したことは、酒に罪なく罪は飲んだ私にあることを認めます。
今後は二度と再びこのような大きな罪を犯さぬために、酒を断つことを誓約致します。
酒は頭だけでは断ち切ることは出来ません。体で識ってこそ初めて一生涯、
断酒の継続を持ち続けることが出来るのです。そのために次の事項を実践致します。
  一、永い間のきままな生活で、自分の心の鏡がすっかり曇っているが為に、
 よごれた自分の姿を見極める事が出来ず、その為に、真の反省と懺悔の生活を
 成し得る事が出来ませんでした。今日、只今より心の鏡を磨くことに懸命に努力致します。
  一、心の鏡を磨くために先ず、一番身近な家族及び周囲の皆さんが喜んで下さる善意を、
 積極的に実行することから始めます。
  一、怒ったりどん欲をおこしたり、愚痴をこぼすことが、
 人間同志の不和をつくる悪因である事を常に自分に言い聞かせます。
  一、一日一回は、必ず過去の非を反省致します。
  一、断酒ホトトギス会に入会したからには、常に『反省・感謝・報恩』の精神を
 全う致します。 
  一、自分が救われるということは、他の人を救うことの中にあるという断酒道を
 実践致します。

断酒の誓
一、私たちは酒に対して無力であり、 自分ひとりの力だけでは
 どうにもならなかったことを認めます。
  一、私たちは断酒例会に出席し、自分を率直に語ります。
  一、私たちは酒害体験を掘り起こし、過去の過ちを素直に認めます。
  一、私たちは自分を改革する努力をし、 新しい人生を創ります。
  一、私たちは家族はもとより、迷惑をかけた人たちに償いをします。
  一、私たちは断酒の歓びを、酒害に悩む人たちに伝えます。

心の誓
私は酒害から回復するため、断酒会に入会しました。
これからは例会に出席して酒を断ち、新しい自分をつくる努力をいたします。
多くの仲間が立ち直っているのに、私が立ち直れないはずはありません。
私も完全に酒を止めることができます。
私は心の奥底から、酒のない人生を生きることを誓います。

家族の誓
私は夫(妻・息子・娘)の酒害に巻き込まれて悩み、苦しみました。
アルコール依存症は家族ぐるみの病気です。
病気だから治さなければなりません。また治すことができます。
これからは酒害を正しく理解し、互いに協力して心の健康を回復します。
私は断酒会の皆様とともに、幸せになることを誓います。

誓の言葉 ...